「春夏シーズンに街着として着る」時の、HELLY HANSEN|ヘリーハンセン アウター【 機能比較 】

このページは、140年以上にわたり常に最新テクノロジーを編み出し”水と共生する”ためのアイテム開発を続けてきた「ヘリーハンセン」の機能性抜群のアウターを海やヨット上ではなく日常で着てほしいので「春夏シーズンに着たい」定番アウターの比較・紹介ページです。

 

「高めの襟で風からガード半袖インナーでもベタつかない撥水・防風ジャケット」

エスペリライトジャケット
Espeli Light Jacket

「旅行・街歩きで急な風雨に対応。コンパクトに持ち歩く330gのフルシームの完全防水・防風ジャケット」

アルヴィースライトジャケット
Alviss Light Jacket

「腰回りへの風をブロック。ベタつかない裏地で快適。フルシームの完全防水・防風ジャケット。」

オーシャンフレイライトジャケット
Ocean Frey Light Jacket

「最高峰のGORE-TEX PRO仕様。完全防水、透湿、防風でハードな動きにも使えるジャケット」

タクティシャンゴアテックスジャケット
Tactician GORE-TEX Jacket

商品番号: HE11500

価格(税込):¥ 17600

春の兆しが感じられる3月からのセーリングに活躍する防風ジャケットです。
必要十分な強度を持つナイロンタフタに防水コーティングを施し、肌側には総裏地ポリエステルメッシュでべたつきにくい構造を採用。
風による体温の消耗を最小限に抑え、艇上で必要とされる適度な保温力を得ることができます。
軽量でコンパクトに携行でき、幅広い季節で重宝する1着です。

※チームオリジナルウエアとしてオーダーが可能なカスタマー・マーキング・システム対応商品。

※M:着丈70cm、身幅57cm

商品番号: HH11800

価格(税込):¥ 24,200

セーリングシーンで活躍する定番の防水ジャケットが、引き裂き強度を高めてアップデート。生地は、防水透湿性に優れたヘリーテック®パフォーマンス2.5レイヤー。フルシーム加工や止水ファスナー、ダブルカフの袖口で、防水性を高めています。薄手でストレッチ性のある素材は、ダイナミックな体の動きにも追従。コンパクト性があるため、携行にも便利です。裾は、共地二重補強で耐久性が向上。リフレクトロゴやフラッシュイエローの配色で、視認性を確保。

※チームオリジナルウエアとしてオーダーが可能なカスタマー・マーキング・システム対応商品。

※M:着丈73cm、身幅57cm

商品番号: HH11712

価格(税込):¥ 26,400

春から秋の幅広いシーズンのセーリングに活躍する、薄くて軽量な防風ジャケット。防水性のある2層素材に耐久はっ水加工を施すことで、少々のスプレーや雨なら対応。肌側にはすべてメッシュを配した、ベタつきにくい構造です。腰ポケットはフラップ付きと、内側に起毛トリコットをあしらったハンドウォーマーポケットのダブルアクセスが可能。後ろ裾は、共地を二重にして補強。ビルトイン仕様のフードはフラッシュイエローにして、視認性を高めています。

※チームオリジナルウエアとしてオーダーが可能なカスタマー・マーキング・システム対応商品。

※M:着丈76cm、身幅58cm

同素材同機能のオーシャンフレイライトパンツはこちら。

商品番号: HH11850

価格(税込):¥ 57,200

運動量が多く、軽快な身のこなしや軽量性が求められるインショアレースを想定したジャケット。

防水、透湿、防風を高レベルで備えたGORE-TEX membrane PROの3レイヤーを採用。

70Dの薄さで軽く、しなやかさも備えているためハードな動きを妨げず、高いパフォーマンスを発揮できます。裾はコーデュラ®で補強。ミニマルデザインにこだわり、左袖のリフレクトロゴは同色で、ファスナー付きサイドポケット+フラップポケットもすっきりした見た目に。裾に水抜き穴を配しています。

※チームオリジナルウエアとしてオーダーが可能なカスタマー・マーキング・システム対応商品。

※M:着丈71cm、身幅57cm

スタッフ着用感:Mサイズ(※着用スタッフ:ヨットには乗らない、街着のみで使用。ジャストサイズが好み。167cm、75kg)
軽い。動きやすい。ジャストサイズ。手の上げ下げも全く問題なし。タイトに着たい場合は「S」でもOK。 柔らかいので問題ないが慣れるまでセーリング用の風よけにもなる襟の高さが少し気になるかも。。

シンプルなジャケットなので、使いやすさも、コスパも抜群のHHのアウターの中では最も人気のあるジャケットです。

<着用イメージ>
3月:シャツ+ニットやカーディガン、スウェットに寒ければ薄手のダウンベストなどと合わせて。
4月:スウェットやシャツの上に。
5月:ロンTやシャツの上に。
6月:Tシャツで十分だと。
7月~9月:空調対策や小雨対応には便利。

※オン時にスーツやジャケットの上には着丈が足らず裾がはみ出てかっこ悪いので適さない。
おすすめポイント
コストパフォーマンス。気軽さ。
スタッフ着用感:Mサイズ(※着用スタッフ:ヨットには乗らない、街着のみで使用。ジャストサイズが好み。167cm、75kg)
約330gと超軽い。ジャストサイズ。ストレッチ入り素材使用でより動きやすく手の上げ下げも全く問題なし。タイトに着たい場合は「S」でもOK。 襟は全く気にならない普通のウインドブレーカーと同じ。

オーシャンフレイライトジャケットとどっちを買うかを最後まで迷ったジャケット。

裏地なしの1枚生地仕様。非常にコンパクトにたためるので旅行に持っていくのに便利。フルシーム、止水ファスナーの使用などで防水性が非常に高いのでボトムスと靴が大丈夫ならCAPを被れば+フードで多少の雨でも傘なしでOK。

<着用イメージ> 3月:ロンTやニット、コットンタートル、スウェットに寒ければ薄手のダウンベストなどと合わせて。
4月:スウェットや厚手のロンTの上に。
5月:ロンTや薄手のスウェットの上に。
6月:Tシャツやポロシャツで十分。
7月~9月:空調対策や雨対応に。

※エスペリより少し長いのでショート目のジャケットなら着用できそうですがカジュアル&スポーツテイストのコーディネートで着てほしいジャケットです。
おすすめポイント
超軽い、コンパクト。ストレッチ。
スタッフ着用感:Mサイズ(※着用スタッフ:ヨットには乗らない、街着のみで使用。ジャストサイズが好み。167cm、75kg)
機能や仕様は本格的に備えているジャケットですが見た目よりかなり軽く動きやすい。

脇回りはヨット上で動きやすくする為か少し大きく感じる。
襟は高めだがエスペリジャケット程度しか気にならない(内蔵のフードを出すとほぼ気にならない)。

秋冬仕様よりライトな素材を使っている為普段に街着として使用するのに全く問題ない仕上がりになっています。

アルヴィースライトジャケットと最後まで迷いましたが、裏メッシュ仕様で半袖でもべたつかない事とオンオフ使える着丈とサイズ感が購入の決め手になりました。

<着用イメージ>
3月:シャツ+ニットやカーディガン、スウェットに寒ければ薄手のダウンベストなどと合わせて。
4月:スウェットやシャツの上に。
5月:ロンTやシャツの上に。
6月:Tシャツやポロシャツで十分。
7月~8月:基本不要ですが、
透湿10,000gで蒸れにくいので雨の日にはオシャレで機能性のあるカッパとして重宝します。
9月:気温次第で。

※着丈が十分あるので、スーツやジャケットなどの上にスプリングコートとして使うことができます。オンオフ共に使えスポーツテイストのトレンドに沿ったワンランク上のコーディネートが可。。
おすすめポイント
オンオフ使用可。機能充実。
>着用日記はこちらで。
スタッフ着用感:Mサイズ(※着用スタッフ:ヨットには乗らない、街着のみで使用。ジャストサイズが好み。167cm、75kg)
ジャストサイズ。
袖脇回りは動きやすくする為に少し大きいが、エスペリジャケットよりも小さく感じるのは生地の硬さのせい? 馴染めば問題なしだと思う。

襟はエスペリジャケットと同じ程度しか気にならない(内蔵のフードを出すと全く気にならない)。

すっきりしたシンプルデザインでカッコイイ。ヨットのレースでも使える機能性を備える高級高機能ウインドブレーカーという感じ。

優れた防水性、防風性、透湿性が保証しているGORE-TEX使用の為、裏地なしの1枚ものアウターにしては高価だが、GORE-TEXの中でも最高峰の「GORE-TEX PRO」使用の安心とステイタス感を得るかが購入の決め手。

<着用イメージ> ※在庫無しの為、入荷次第情報追加します。しばらくお待ちください。
おすすめポイント
シンプルでモード感もありこの中では1番カッコイイ。
何といっても【 Gore-Tex Pro 】 。。逆にコスパがいいかも?!

素材

<表地>HELLY TECHR 40Dナイロンタスランタフタ2L(ナイロン100%(コーティング等樹脂加工)) 
<裏地>ポリエステルメッシュ(ポリエステル100%)
HELLY TECHR PERFORMANCE 30Dストレッチナイロンリップストップ2.5L(ナイロン100%(コーティング等樹脂加工))※裏地なし1枚仕様
<表地>HELLY TECHR PERFORMANCE40Dナイロンタスランタフタ2L(ナイロン100%(コーティング等樹脂加工)) 
<フード>70Dナイロンタスランタッサー2L(ナイロン100%(コーティング等樹脂加工)) 
<裏地>ポリエステルメッシュ(ポリエステル100%)
・70D GORE-TEX ナイロンストレッチタフタ3L
<表側>ナイロン92%、ポリウレタン8%
<中間層>ePTFE
<裏側>ナイロン100%

機能

耐水圧
10,000mm
10,000mm
10,000mm
(GORE-TEX PROプロダクト)
透湿
10,000g/m2・24h(B-1法)
7,000g/m²・24h(B-1法)
10,000g/m2・24h(B-1法)
(GORE-TEX PROプロダクト)
はっ水
20洗3級
20洗3級
20洗3級
(GORE-TEX PROプロダクト)
シーム
シームなし
フルシーム縫製
フルシーム縫製
フルシーム縫製
ファスナー仕様
フロント逆開ビスロンファスナー(Wファスナー)
フロント逆開止水ファスナー(Wファスナー)
Wオープンファスナー、ダブルストームフラップ
フロント止水ビスロンファスナー
袖口仕様
袖口面ファスナー(ベルクロ)
袖口面ファスナー(ベルクロ)
袖口面ファスナー(ベルクロ)
袖口面ファスナー(ベルクロ)
襟仕様
襟裏 起毛トリコット
襟裏 起毛トリコット
襟裏 起毛トリコット
襟裏 起毛トリコット
リフレクター
リフレクトロゴ
リフレクトロゴ
リフレクトロゴ
リフレクトロゴ、襟・背などにもあり
ポケット仕様
ハンドウォーマーポケット
ーーー
ハンドウォーマーポケット
ファスナー付サイドポケット+ターンフラップポケット(ハンドウォーマー仕様)
その他
裾ストッパー付きドローコード、裾補強素材
裾ストッパー付きドローコード、ビルトインフード、裾共地補強
裾ドローコード、ビルトインフード、裾共地二重補強
ウエストストッパー付きドローコード、裾コーデュラナイロン補強

各機能詳細

  • 耐水圧とは

    生地に染み込もうとする水の力を抑える性能の数値です。数値は大きい程、高性能の目安になります。
    数値の目安は、
    ・普通の傘:250mm程度
    ・小雨:300mm
    ・中雨:2,000mm
    ・大雨:10,000mm
    ・嵐:20,000mm
    このような数値を見る限りこのページで紹介しているウエアは全て街着としては十分な機能を備えていますね。

  • 透湿とは

    生地1㎡あたり、24時間でウェア内の水蒸気状態の汗を外に出す(透過)か量を示した数値。 外からの水蒸気も仕組みでは入ってきますが、水蒸気は暖かくて湿ったところから、冷たくて乾いたところに移動するものなので、通常は衣服内の方が湿った条件が多い為外に出し快適に過ごせる仕様になっています。
    数値の目安は
    大人の安静時:約1,200g/24時間(1時間あたり約50g)
    軽い運動:約12,000g/24時間(1時間あたり約500g)
    ランニングなどの激しい運動:約24,000g/24時間(1時間あたり約1,000g)
    ※蒸れにくさの目安は、 最低でも5,000g以上、できれば8,000g以上、さらにベトベトなりにくいのは10,000g以上、20,000g以上だとさらに最適とされています。このページで紹介しているウエアは一般に使う場合は問題ない水準ですがGORE-TEXプロダクト仕様のもの以外のヘリーハンセンのウエアはヨット上での着用を想定の為、激しい運動時の着用には向いていないかもですね。

  • シームとは

    フルシーム縫製とは、縫い目からの水の浸入を防ぐ防水加工処理を施している仕様です。シームなしの場合ヘリーハンセンはセーリングウエアの技術が高いブランドなので一般のウエアより防水機能は高いですがフルシーム加工の物に比べると縫い目からの水の染み込みは防げません。

  • GORE-TEX PROプロダクトについて

    極限を征し、まだ経験したことのないその先へ進むために。GORE-TEX Pro ガーメントは、最も丈夫で耐久性に優れた保護を必要とする、アウトドアの専門家や上級のアウトドア愛好家向けの製品です。過酷な環境での磨耗、頻繁なワークレストサイクルに加え予測不能なコンディションなど、ゴアでは厳しい試験基準を設けることで、防水性、防風性、そして透湿性を保証しています。

  • サイズ寸法(実寸)について

    着丈:後ろ襟ぐりの中央から垂直に下りた裾までの長さ(襟は含みません)
    身幅:袖の付け根(下端部)から1cm下がった位置の左右の幅
    ※表示の値はメーカー計測値より

  • コメントについて

    このページのスタッフ着用感などのコメントは、全く船には乗らない街着オンリーのスタッフの感覚で書いています。 一般的な船乗りの方が重ね着をするための大きめを着るという想定はしていません。 あくまでも街着としてオシャレ優先のジャストフィットでオススメしています。

  • まとめ

    このページで紹介したアウターは、40年以上ヨットに係わるアイテムを販売してきた一点鐘がチョイスしているので、生死を分ける海上で使う為の機能面を第1優先にに商品選択を行っています。したがって、他の同じようなアイテムより確実に軽く・動きやすく、また機能面も優れたアイテムとなります。

【問い合わせ】

マリンショップ一点鐘(Marine Shop ITTENSHO)

所在地 〒662-0934 兵庫県西宮市西宮浜4-16-1 新西宮ヨットハーバー内
電話&FAX 0798-26-3114
E-mail webshop@ittensho.co.jp
営業時間 10:00-18:00
休業日 毎週火曜日、年末年始、夏季休暇、ヨットハーバー休館日など

Share

  • twitter
  • google